やる気が無くても問題ナシ!モチベーションを全開にする方法

ガッツポーズ

面倒な作業を始める直前ってのは、やる気がなくて当たり前。やる気ってのは作業をしているうちに出てくるものだからね。

例えば、かったるい掃除や勉強を始めてみたら徐々に気分がのってきて時間を忘れてたってやつ。これを作業興奮って言うんだけど、やる気、モチベーションが無い時はこの作業興奮状態まで自分を持っていけばクリアとなる

でも、やる気が出ない作業直前は「取り掛かる」事が困難だよね?だから準備やウォーミングアップをしてスムーズに作業興奮状態まで持っていく事が重要なんだ。

それじゃ、やる気を出す(作業興奮状態になる)為の取り掛かり方を紹介しよう。

 

モチベーションを上げる前の準備

環境を整える

心の乱れは生活や部屋の乱れにも表れる。ダラダラとした生活が部屋の中にも表れてない?ありがちだけど、部屋の環境を整えるのは作業に取り掛かる前にもやりやすい。

やる気のない状態からいきなり作業に取りかかるのは大変だからハードルの低い事から取りかかるってのが作業開始のコツ。

体を動かすと脳も活性化されるし、掃除が完了したら達成感も生まれる。この達成感や成功体験が積み重なって自信にも繋がるからね。

作業の事を考えてかったるいなぁ~と感じるなら、一度考えるのをやめて、体を動かして部屋をかたずけてみたら?

NAVERまとめかたずけ、掃除と言うよりも
集中できる部屋作りのコツがまとめてある。
【簡単ひと工夫】今日から出来る勉強しやすい環境づくり

 

マイナス行動をなくす

TV、ゲーム、ケータイ、マンガ…。ついつい終わりのない娯楽に没頭してしまって、気が付けば一日が終わっている。

やらなければいけない事は分かっているんだけど、面倒な作業にやる気も起きず、他の事をして気を紛らわすのは時間の無駄使い。

時間を決めてメリハリをつけられるなら息抜きも必要だけど、これは嫌な事から逃げているだけだし、現実を見ない分タチが悪いんだ。

パチンコやオンラインゲームみたいに依存症レベルでハマっているのは話が別だけど、時間を浪費してしまうものは、可能な限り遠ざけるか消去してしまおう

短時間で終わる事ができるなら、いっその事やりつくしてマイナス要素を潰すのも良いけどね。

えっ?何もする事がなくなったって?じゃあ作業するしかないね。

 

行動内容をはっきりさせる

やる気が起きないのは「何をすれば良いか分からないから」…ってのも理由の一つに挙げられる。

例えば、記事を1つUPするという漠然とした作業内容じゃ、どう取りかかれば良いか考えるのも面倒だよね?

記事のネタ、それに対する下調べから始まり、ターゲットを狙い、書きたい事を挙げ、下書き、清書、キーワード選び…。

記事を書くのもやる事は一つじゃないんだから、やるべき事を細かく設定しておけば、作業前の何となく面倒と感じる気持ちも弱くなるんじゃないかな?

 

低めの目標設定をする

大きな事を成し得たい、早く目標を達成したいって気持ちは分かるけど焦りは禁物。そんな人に限っていつも自分の理想を目標とし、無茶な目標を設定するんだよね。結果、目標達成できずに失敗体験を増やしモチベーションが低下する。

大事なのは成功体験。小さな目標を何度も達成する事で自信が付き、モチベーションを上げた方が効率は良い。

 

ウォーミングアップをする

疑似作業をしてみる

ここからは僕オリジナルのやる気を出す方法。

僕はPCに向かって文章を書く作業が多いからキーボードに触れると仕事モードに移行できる。

正し、あくまでもやる気がでない時のウォーミングアップだから頭は使わなくてもいいよ。手を動かし、キーボードで淡々と文字を入力するだけ。

今の自分の気持ちや考えを自問自答するように文字にすると、頭の中も整理されるし、作業興奮状態にもなってくるよ。

 

頭を使わない事から始める

記事を書くのは頭を使うし、かなりのパワーが必要になるから、頭を使わず手だけ動かせばいい作業からやってみるのも良いね。

例えば画像加工などのツールを使った作業であれば、そこまで集中力は必要ないし、音楽を聴きながらでもできるからね。

 

短い時間から始める

まだ気分がのらないなら1分だけ作業してみよう。1分作業して、1分休憩。それを繰り返して、少しずつ時間を延ばしていく。作業興奮状態まで自分を持っていけたら勝ち。

 

まとめ

どうだった?モチベーションの上げ方は人それぞれだから、自分に合うもの、合わないものもあったかもしれない。

これらを全てやる必要は無いし、実践してみるのも自由だ。一つだけやってみたり、日によってやり方を変えるのも良いんじゃないかな。自分にもできそうな事をやれば良い。

目の前のハードルを低くしてスムーズな作業導入を心がければ、作業興奮はすぐにやってくるよ。

 

サブコンテンツ
オンラインカジノの始め方

コメントを残す

このページの先頭へ