参入ジャンルが稼ぎやすさを分ける!アフィリエイト初心者向けの商品選定方法

商品を選ぶ女性

「稼ぎやすい」って言葉は「簡単にできる」と勘違いされやすいからあまり使いたくないんだけど、アフィリエイトで取り扱う商品や商品ジャンルによって難易度が違うのは確かです。

特にアフィリエイトを始めたばかりの初心者や、基本を理解していない中級者は、月に5,000円すら稼げていない現状なので、難易度の低い商品を取り扱った方が良いんですよね。

なので今回は、稼ぎやすさを決める重要なポイント…、商品選定についての方法を説明していきます。

難易度が違う理由

まずはなぜ取り扱う商品で難易度が違うのか説明をします。

これはASPに登録してみれば分かると思いますが、アフィリエイト契約する案件によって、報酬金額のおいしさが違うんですよね。

例えば、成果報酬が1件100円の商品を100本売るのと成果報酬が1件1万円の商品を1本売るのでは、後者の方が楽で、効率が良くおいしい商品だと言えます。

しかし、おいしい商品なだけにライバルも多く、PPC広告だらけだったり、もちろんプロの業者も絡んできます。

Google 検索 比較

 

検索結果だけでも商品によってこれだけ差があります。

さて、君がウェブマーケティングのプロ集団に、知識もスキルもなく勝つことができるでしょうか?答えはNO!100パー無理です。

だから、商品選定を甘く見ている初心者は月に5,000円も稼げず挫折していくのです。

大きく稼ぐ幻想ばかり見ていても稼げません。まずは、おいしくない商品でも、ライバルが居ない土俵を選んでいくことがアフィリエイト初心者が稼ぐことのできる唯一の道なんですね。

 

高単価?低単価?

先ほど、1件100円の商品を…、と例を上げましたが、やはり報酬単価が高い商品はライバルが多く、低い商品はライバルが少なくなります。

アフィリエイトで稼ぐには、高単価の商品ほど効率が良いとされていて、その様なノウハウも出回っていますが、そんな商品ほど様々な角度、切り口から紹介されているので初心者がつけ込むスキなんて無いんですよね。

経験、実績、知識、スキルがあるアフィリエイターが、勝負できると判断すれば、確かに高単価な商品ほど割が良く「稼ぎやすい商品」ですが、稼ぐ力のない初心者だと、それが真逆になります。

ライバルの多い商品となると、初心者としては「稼ぎやすい、やすくない」ではなく「稼げない」商品となるので、初心者の商品選定は低単価な商品が正解なんですよね。

アフィリエイト初心者は、基本的に失敗の連続です。小さな金額でも、狙った商品を買って貰うということは凄くモチベーションが上がりますし、そういう小さな成功体験を積み上げていくことが、結果大きな成功につながります。

 

ニッチな商品、ニッチなキーワードを目指す

キーワードを選ぶ男性

ニッチとは隙間のこと。誰も狙っていないけど稼げる商品や、ライバルは居るけど、このキーワードなら検索で上位表示できるという「お宝キーワード」と呼ばれるものを見つけられたらとても稼ぎやすいです。

しかし、商品選定スキルもキーワード選定スキルもないアフィリエイト初心者には、そう簡単にはそんな商品、キーワードを発見することはできません。

ろくにキーワードツールも使えず、見方も分からないのに、プロすら見落とすニッチな部分を見つけて戦うのは至難の技なんですよ。

なので、初めから成功すると思わないことが大切です。実践を繰り返し、検証したりして、失敗を積み重ねることで徐々に目が養われます。それが商品とキーワード選定ができる目です。

ニッチな部分はプロも探しています。最終的には、そこにたどり着くのが理想ですが、初めから「お宝」にはありつけません。

失敗は恐れず積み重ねてください。大丈夫!そのための無料ブログです。

 

情報商材アフィリエイトというジャンル

アフィリエイト初心者が参入ジャンルを決めるときに「情報商材アフィリエイト」と「物販アフィリエイト」で悩むことは多いと思います。

ここまで僕の説明を読んでくれた君なら分かると思うけど「情報商材」という商品は、物販アフィリエイトとジャンルが別れているほどアフィリエイト人口の多い「商品」なんだよね。

数千円〜数万円する商品で、報酬利率も50%というおいしい商品なんだけど、それだけライバルも多い。

どこまでいっても怪しいというイメージは付きまとうし、何よりアフィリエイト初心者がアフィリエイトに関するコンテンツなんて作れないよね。

アフィリエイトの知識をつけるために情報商材を利用するのはお勧めできるけど、その情報商材という商品を紹介する情報商材アフィリエイトに参入するのはお勧めできない。

 

サブコンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ