動機が「稼ぎたい」では失敗する?楽しくブログを続ける方法

楽しむ女性

ブログを始める動機ってのは人それぞれで、ある人は日記をつけるために、ある人は忘備録のためにブログを利用しているかもしれない。でもやっぱり、お金のためにブログを始めたって人も多いんじゃないかな?

ブログを始めた動機が「稼ぎたい」だと、ブログを稼ぎのツールとしか見れず、書き続けることが苦痛になってきますし、嫌々やってるブログには魅力もなくなります。

そうなるとモチベーションを保てずフェードアウトってのがオチなので、ネットで稼ぎたいと思っているなら、ブログをもっと楽しんでみてはいかがでしょうか?

ブログは文章を書き続けるもの

まずは根本的な質問をします。

「あなたは文章を書くことが好きですか?」

写真や動画をメインにしたブログは例外として、ブログは基本的に誰かに読んでもらうものです。

ペースは人それぞれですが、ブログのテーマに沿った記事を毎日毎日書くことになるので、文章を書くことが好きでないと続けることは難しいんですよね。

文章を書き続けることで文章力は向上し、書くことが楽しくなってくるかもしれませんが、やはりそれが苦痛と感じるのであればブログは向かないのではないでしょうか。

ネットで稼ぎたい気持ちは分かりますが、ブログというツールを使うのであれば文章を書き続けることは避けて通れません。その点は理解しておいてください。

 

アフィリエイターは閉鎖的になりがち

失敗した男性

稼ぐことしか頭にないと、アクセスや報酬金額という数字でしかブログを楽しめません。

アフィリエイト仲間がいたら良いなと感じることもありますが、「この人と僕じゃレベルが違い過ぎるから相手にしてくれないんじゃないか?」と、思い切って問い合わせをすることもなく、消極的な人が多いんですよね。

またコミュニケーションをとるコメント機能も、コメント回りのツールとしか見ていないですし、リンクに関しても「こっちから送るだけじゃ相手が得するだけ」という思考なので、無意味な相互登録ばかりになります。

結局は自分の利益しか考えず、アフィリエイトリンクばかりになってしまう。こんな閉鎖的で、売り込みばかりのブログではコミュニケーションもクソもありません。

ブログを楽しく続けるためには、ブログが本来コミュニケーションツールであるということを理解しましょう。アクセスや報酬といった数字を見るのではなく、人と人との関わりに目を向けることが大事ですね。

 

ブログの楽しみ方

どんなに一流のブロガーでも、モチベーションの浮き沈みはあります(たぶん)。でもそこで支えになるのが、見てくれている人の「反応」なんですよね。

そもそもブログとは、サイトを見てくれた人でも自由にコメントできるようにしたウェブサイトのことを指します。その反応をもらう事こそブログの醍醐味であり楽しさです。

しかし、稼ぐことを目的としていると、すべてがつまらない作業になってしまいます。

共通の趣味を持つブログを楽しんで読めばいいのに、敵意を持って行うライバルリサーチ。役立った記事にリンクを貼ればいいのに、どうでもいいサイトと相互登録する外部SEO、仲良くなるためにコメントすればいいのに、記事を見ず、内容に触れないコメント回り…。

普通は楽しむところなのに、損得勘定しかできない思考では、すべてを苦痛な作業に変えてしまいます。

昔のホームページでよくあった「キリ番を踏んだらコメントして下さいね」ってフレーズを今はもう見かけませんが、そういった人との関わりを楽しむ心を持っていないとブログを楽しむことなんてできないですよね。

 

ブログを楽しまないと、相手も楽しくない

楽しむ女性2

無料ブログで簡単にウェブサイトを作れるようになってからネットで稼ぐことが身近になりましたが、稼ぐために「やらされている感」の強いサイトをよく見かけるようになりました。そして、そんなサイトに限って魅力がないんですよね。

お金のためにはもちろん努力は必要ですが、面白い記事を書く人ってのは、やはりブログを楽しんでいる人なんですよね。真面目な記事も良いけど、書いている本人が楽しんでいるなと感じる記事も僕は大好きです。

他のブロガーさんとコミュニケーションをとり、情報発信することでまた人と人がつながる。本来のブログというツールの使い方をしているので、そういった記事が書けるんですよね。

楽しんでいる人の周りには人が集まります。嫌々書いている記事なんて、相手も読みたくないですよ。

 

好かれるブログ、嫌われるブログ

稼ぎたい気持ちが強いブログほど嫌われるブログになりやすいです。ちょっとここで、僕の中でのブログの印象を箇条書きにしてみます。

好かれるブログ

  • 質の良い情報が多い
  • 良い情報であれば、自他問わずページにリンクしている
  • テーマに沿った最新情報がある
  • 筆者本人の世界観があり、共感できる
  • 必要な場所に、控え目なアフィリエイトリンクがある
  • 楽しんでブログ運営している

 

嫌われるブログ

  • 売り込みばかりしている
  • 読者数に合わない質の悪い記事
  • 自分の世界観がないコピペのような記事
  • …と言うかコピペ記事
  • ユーザーを考えない見た目と作り
  • そもそも見る価値がない

 

文章には気持ちが現れ、ブログには人間性が映ります。良い人の周りには人を惹きつけるオーラがありますし、嫌な人の周りには近づきたいとも思いません。

稼ぎたいって気持ちは必ずブログに映し出されるので、嫌われるブログになりやすいから注意してください。

 

「稼ぎたい」から「楽しもう」にシフトする

シフトレバー

稼ぎたいって気持ちがブログを作業化させ、相手に嫌われるブログを作ってしまうという悪循環にさせます。

でも、稼ぎたいという動機でブログを始めているのであれば、その気持ちを変えるのは難しいんですよね。

だったら少しずつ考えを変えていくしかありません。アクセスが欲しいからSEOを勉強するように、モチベーション維持のためにブログを楽しむことも考えたり、好かれるブログにするために相手のことを考えてみたりしましょう。

ビジネスは基本的に、まず相手へ利益を与え、自分の利益は後からついてくる形になります。稼ぎたくてブログを始めたかもしれませんが、早い段階で結果を求めるのは間違いです。

稼ぎたくてそう考えるのは仕方ないことですが、そこを変えない限り相手からの反応はもらえませんし、自分のモチベーションも下がる一方です。

ブログを楽しんでやっていきたいなら、稼げそうなテーマではなく、自分が好きなテーマを取り上げてみてはどうでしょうか?

 

ついでにSNSも

ブログだけでなく、FacebookやTwitterなどのSNSにも同じことが言えます。

アフィリエイト関連のコミュニティは、売り込みばかりの投稿しか見られず、うわべだけの「いいね」や相互登録に命を掛けてる劣悪な環境にあります。

僕を見て、私を見てという環境からはバズる記事なんて生まれるはずもなく、考えを改めることもなく、ほとんどの人が消えていくんでしょうね。

 

あとがき

ブログはアフィリエイトやアドセンスと相性の良いツールですが、稼ぎたいという思考のままでは上手く使いこなすことはできません。

本来ブログは、楽しんでいる人のところに人が集まるんだと感じます。また、楽しまないと反応がもらえず独り相撲をとることになります。

稼ぐことにブログを利用するのは良いですが、客観的に自分のブログを見直して嫌われるブログになっているようなら、考え方を少しずつ変えていきましょう。

この記事がキッカケになれば幸いです。

 

サブコンテンツ

コメントを残す

このページの先頭へ