シリウスのレビュー

僕は3、4年前からシリウスを使っているのですが、この情報商材は「教材」ではなく「ツール」なので、当ブログでは紹介していませんでした。

しかし先日、お問い合わせが多かったルレア実践者のためのシリウスの必要性を説明してしまったので、この際正式なレビューをしたいと思います。

ただシリウスのレビューなんてものは、ググれば腐るほど情報が出てくるので、他の人が言っている嘘や本当の裏側をレビューしていきます。

SEOに強いサイトが作れるって本当?

シリウスでよく注目されているのは SEO の強さで、購入を検討している方も気になるところだと思います。

「シリウスでサイトを作れば上位表示できる!」
「SEO 力が強いから初心者でも稼げる!」

だなんて…。

ハア〜。(ため息)たかがツールを買ったからって、初心者が稼げるわけがないでしょ?こんなもんただの記事を書いたり管理するだけの CMS(コンテンツマネジメントシステム)ですよ?

キーワードを間違えればアクセスは集められませんし、記事の内容がヘボければ上位表示も無理です。

良い教材やツールに投資するのは賛成ですが、情報商材を買ったから簡単に上位表示ができて稼げるというのは間違いです。SEO 機能の強いテンプレートやツールを買っただけで成功者の仲間入りができると勘違いしている方はまず現実を見ましょう。

シリウスの SEO 機能について

シリウスの上位版には

  • 予約投稿機能
  • 被リンク自動獲得機能
  • SBM自動登録機能
  • リンク集自動登録機能
  • iPhoneサイト同時生成機能

…が付いています。

楽して稼ぎたいという方にとってはリンクを貰える機能に注目してしまうと思いますが、僕の体感的には「まったくのダメ機能」ですよ。(正確には効果が薄くなってきた機能)

やはり上位表示できるかどうかのカギを握っているのは先ほど言ったキーワードや記事の内容なので、被リンク系の機能に期待をしない方が良いです。

アフィリエイターの目で見たシリウスの SEO

さて、ここまで「ツールを買っただけでは稼げない」とか「SEO 機能も大したことない」と言いましたが、それならなぜ僕がシリウスを使っているのかを説明します。

僕が SEO で重視しているのはキーワードとコンテンツの内容なのですが、それと自作自演の外部リンクも重要です。

体感的には3つほどリンクが送るとサイトの力が上がるのを実感できるのですが、無料ブログやワードプレス、HTML サイトなど、様々なサイトからリンクを貰うことも必要なんですね。

他にも色々とあるのですが、この辺は感覚の話なので、あくまでも目安として考えて下さい。

SEO のためにやるべき事は1つではないので、これをすれば上位表示できるというものではありませんが、HTML サイトからもリンクを送るのは有効です。

まぁ、実はそんなに重視はしてないですけどね。

作業の時短ができるって本当?

多くのアフィリエイターがシリウスを愛用しているのは、SEO 性というより時間を短縮できるからだと思います。

ただし本質的な時短はできません。長期的な時短はできます。詳しく説明していきましょう。

本質的な時短ができないって?

これは情報商材の現実が見えていない方に多いのですが、シリウスを使えば1日に10記事ペースで書けるとか、10サイトも20サイトも量産できるとか勘違いしている方もいるんですよね。

もちろんやろうと思えばできるのですが、それで記事の内容はどうする気なんでしょうか?他人の記事をリライトして(パクって)上位表示できるとでも?それができれば苦労しません。

シリウスは、HTML サイトのテンプレートが付いていて、アイコンやテーブルも1クリックで表示できる優秀な CMS ではありますが、記事まで自動で書いてくれるわけではありません。

狙ったキーワードで上位表示できるかどうかは、キーワードの良し悪しとあなたの記事のクオリティ次第であることをお忘れなく。

長期的な時短ってどんな意味?

シリウスの良さは1度「型」を作ればそれに沿ってサイトを作っていけるところにあります。これは超便利!これまで他の人よりシリウスを貶した記事を書いてきましたが、これだけはマジでオススメ!神 CMS です!

下の動画では 6:50 ~ その解説をしており、1分10秒後(8:00)には4記事分の記事テンプレートが完成しています。

もうコレを使ってしまえば他の CMS は使えなくなります。あっ、もちろんブログ形式にするならワードプレスを使いますけどね。

デザイン性

シリウスのレビューって意外とどんなデザインなのか解説していないものが多いので、どんなデザインになるか見てみよう。

h○タグのデザイン

hタグ例

hタグはこんな感じ。SEO には欠かせないので必ず使用すると思う。

基本アイコンのデザイン

ポイントアイコン

ポイントアイコンです。

矢印アイコン

矢印系のアイコンです。

ランキングアイコン

ランキングのアイコンです。

リストのデザイン

リストの例

リストはこんな感じ。

ボックスのデザイン

画像付きボックス

画像付きのボックスです。

通常ボックス

通常のボックスは他に8種類もあります。

クチコミのデザイン

クチコミ画像1

デフォルトのクチコミボックスです。画像がヘボいですね。

クチコミ画像2

好きな画像をアップしてクチコミ画像に使用することもできます。吹き出しの種類は9つ。向きも変更可能です。

テーブル作成デザイン

項目説明テーブル

項目説明テーブルです。

2カラムメニュー

2カラムメニューです。

ランキング1

ランキングその1。

ランキング2

ランキングその2。

ランキング3

ランキングその3。

商品比較テーブル

商品比較テーブルです。

特定商取引ページ

特定商取引ページです。

テーブルは他にも7種類(全14種類)あります。

サンプルサイト

アイコンや画像、テーブルを使えば以下のようなサイトが簡単に作成できます。

初めに雛形となるテンプレートを作っておけば、一瞬で何十という記事のデザインができあがるのでアフィリエイター必須のツールと言われているのでしょう。

比較サイトサンプル

比較サイトのサンプルです。

物販サイトサンプル

物販サイトのサンプルです。

ビジネスサイトサンプル

ビジネスサイトのサンプルです。

あとがき

商品を見つけたらサッサとサイト作って放置してたいアフィリエイター向けのツールですね。ブログ形式だとどうしても時間がかかるので、量産や作り捨てのスタイルに合っています。

キーワード選定や商品選定ができるのであれば、システマチックに仕事ができます。当たるか当たらないかわからないキーワードを、とりあえず HTML サイトで作ってみるというスタンスでも良いでしょう。

最後に金額の話をしますと、上位版は 24,800 円で、通常版は 18,800 円なので 6,000 円の差があります。

通常版の購入後に上位版へアップグレードすることも可能(7,560 円)で、初めから上位版を購入するより 1,560 円割高にはなりますが、通常版を使用してみてから上位版の購入を検討するのも良いでしょう。