こんにちは、りょうへいです。先日、「りょうへいさんのブログは商売っ気がなくて、他のブログよりも信用できました」との御言葉をいただきました。

いつも情報商材をボロクソに言っているところが気に入ってもらえたのでしょう。ありがとうございます。

…いやいや、商材っ気がなさ過ぎるのもチョッチまずいヨ!一応コレでも生計を立てているからね。ってことで、今回はあまりお伝えしていなかった情報商材のメリットについて解説していきます。

アフィリエイトはウェブマーケティングのスキルが必要

アフィリエイトは今まで PC に触れたことがない人でも始められるネットビジネスです。しかしそれは「始められる」だけで「稼げる」ようになるにはスキルが必要となります。

例えば、1度はブログのアクセスアップについて調べたことがあると思いますが、そのような勉強をして自分のスキルを上げていかないと稼ぐことはできません。そして特に必要なのがウェブマーケティングのスキルなんですね。

そもそもアフィリエイトとは、広告主に代わってネット上で商品をプロモーション(販売促進)するビジネスなので、もともと企業側が行うウェブ制作やマーケティングの仕事をアフィリエイターが請負うというものです。

アフィリエイトの依頼は誰でも受けることができるので資格は必要ありませんが、何の知識もなくできるような仕事ではないんですね。それこそウェブマーケティングの資格が取れるくらいの勉強をしないとアフィリエイトで稼ぐことはできません。

独学と教材利用者の違い

アフィリエイトで稼ぐにはウェブマーケティングの資格を取れるくらいの勉強が必要なので、アフィリエイトの教材を利用すれば効率良くすることができます。

もちろん教材を利用せずに独学でアフィリエイトのスキルを上げることは可能ですが、初心者が独学でアフィリエイトを成功させられる確率は1%もないと思います。

お金を使いたくない気持ちはよくわかりますが、例えば教科書も参考書もなしで受験して合格できますか?学校やユーキャンのような通信教育を受けず資格が取れますか?

そこにお金をかけず、成功にたどり着ける才能を持っている方へは何も言うことはありませんが、普通の人が知識をつけるために教材は欠かせません。

ネットで何でも調べられる世の中ではありますが、だからと言って知識への投資を出し渋っていると、いつまでも浪人生なのは当然の結果なのではないでしょうか。

情報商材のメリット

道しるべとなる

アフィリエイトでやるべきことはいくらでもあるので、何から手を付ければ良いかわからなかったり、何がわからないのかもわからなかったりするのは初心者にありがちなことです。

暗闇の中、手探りでゴールへ向かうのが難しいのは当然です。情報商材は、その通りにやれば稼げるというシロモノではありませんが、ある程度の方向へと導き、稼ぎの軸をつくることができます。

特にアフィリエイトの基本を知らない初心者は教材を利用すべきです。やる気があっても、全力でゴールとは違う方向へ向かっても意味がありませんので。

サポートが充実している

情報商材は購入したあとの行動が成功と失敗を左右させるので、サポート付きの教材というものも最近は多いです。

気軽に相談できる相手がいなければ大きなメリットですね。調べてもわからないことや、ちょっとしたことを不特定多数の人に聞くことができるのでとても便利です。

因みに僕の特典でもサポートはありますので、稼げるようになるまでしっかりとお手伝いさせていただきます。(/ω・\)チラッチラッ

現実的な稼ぎのシステムを作れる

情報商材を購入すれば、魔法のように稼げるわけではありません。しかし、アフィリエイトのスキルを向上させることができるので、ウェブマーケティングの資格が取れるくらいの実力をつけることができます。

アフィリエイトという仕事や、情報商材についての知識があやふやだと、不安や怪しさを感じるのは当然ですが、言ってしまえば情報商材はただの教科書です。

買えば稼げるという舐めた考えでは勉強量に圧倒され挫折すると思いますが、真剣に稼ぎのシステムを作りたいと考えているのであれば、夢を実現させるのに大きく貢献できるアイテムとなります。

あとがき

やっぱり商売っ気をだすのは苦手ですね(笑)情報商材は購入したあとの方が大事なので、どうしてもそこだけは伝えないと失敗する人を増やしてしまうだけなので仕方ないですね。

でも本気で稼ぐ気があるなら絶対に教材は利用した方が良いです。それだけ実力をつけられると自信を持っている教材しか僕は勧めていませんし、教材があるのとないのでは効率がまったく違います。

ネットビジネス初心者はお金のリスクばかりに目がいってしまいがちですが、リスクを負うことで得られるメリットにも目を向けなければ、なかなか先に進めないこともご理解ください。