検索で出ない

初めてブログを作成して、わくわくしながら自分のブログを Yahoo や Google で検索すると「あれ?自分のブログがヒットしない…」というのは初心者あるあるネタですね。

また、ブログにアクセスが集まらないのは「検索エンジンに引っかからないから」と気づいたときどうすれば良いのでしょうか。

今回は、自分のブログが検索エンジンに出てこない人へ、簡単な検索エンジンの対策(SEO)をお伝えしていきます。

インデックスされているか確認する

検索エンジンに自分のブログが表示されるためには、まず自分のブログが検索エンジンにインデックス(登録)されないといけません。

通常は、検索エンジンのクローラーというロボットがリンクをたどってサイトを巡回し、インデックスするので、様々なリンクが貼ってある無料ブログなら放っておいてもインデックスされます。

自分のブログが検索エンジンにインデックスされているか確認する方法は、検索窓に「site:自分のブログのURL」と入力して検索してみましょう。

記入例

  • アメブロの場合 site:http://ameblo.jp/ブログID/
  • FC2ブログの場合 site:http://ブログID.blog.fc2.com/
  • このサイトの例 site:http://affiliate-kyouzai.com/
  • ※URL 入力欄ではなく、検索欄に入力してください。

これで自分のブログが表示していれば問題なくインデックスされています。表示されなければインデックスされていません。

記事内リンク
⇒インデックスされていないとき
⇒インデックスされているけど検索キーワードでは出ないとき

インデックスされていないとき

新しく作られたブログはまだ存在感が薄いため、クローラーがなかなか周ってきてくれません。なので検索エンジンに今すぐインデックスさせたいのであれば、こちらから検索エンジンにブログの存在をアピールしましょう。

また、設定を変にいじっていたり、スパム判定されている場合はすぐに対処しましょう。

検索エンジンにブログを登録する

検索エンジンにインデックスさせるために、ウェブサイト(ブログ)を作成したことを検索エンジンにお知らせ(登録)しておきましょう。トップページの URL を入力するだけの簡単な作業です。

Search Console   URL のクロール

Google Search Console

Bing   自分のサイトを Bing に登録する

自分のサイトを Bing に登録する

ちなみに Yahoo!のウェブサイト登録サービス「Yahoo サイトエクスプローラー」は、2011年にサービス終了していますが、Google に登録しておけば Yahoo!の方は問題ありません。

ping 送信先を設定する

ブログの ping 設定をしておけば、記事を更新したときに検索エンジンに素早くお知らせすることができます。

アメブロ: 設定 ⇒ PINGの送信先設定
FC2ブログ: 環境設定 ⇒ ブログの設定 ⇒ 更新情報(Ping)設定

PINGの送信先設定

Pingの送信先を設定する(一覧表)

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)を使う

ブログをインデックスさせるために初心者がここまでする必要はないかもしれませんが、Google Search Console を使えば検索エンジンとのつながりが更に強くなります。

サイトマップを送信したり、Fetch as Google を使って再クロールしたり、ブロガーの SEO には欠かせないツールなので、機会があれば挑戦してみてください。

Google XML SitemapsGoogle XML Sitemapsの設定方法(バズ部)

クローラーがサイト全体を見回り易くするサイトマップがあると検索エンジンに認識されやすいです。

Fetch as GoogleFetch as Google を使ってGoogle への再クロールを依頼する方法(バズ部)
Fetch as Google を使えば、クローラー最適化の効果を高めるサポートが受けられます。

no index にはなっていませんか?

アメブロやFC2ブログなどの無料ブログで「no index」になることはあまりないと思いますが、この状態になってしまうと検索に引っかからなくなります。

アメブロでは、スマートフォン用のアプリ、Simplog から投稿した場合は設定していなくても no index になってしまうので注意してください。

no index になっているか確認する方法は以下の通りです。

ページのソースを表示

まずインデックスされているか確認したいページを開き、何もない部分で「右クリック」します。で、ページのソースを表示させます。

no index のソース

何やら難しそうな文字列がたくさん表示されましたら、meta name という部分を探してみましょう。いくつかあるかとは思いますが、その中に content=”noindex” という部分があるページは検索エンジンにインデックスされません。

スパム判定はされていませんか?

ツールを使って記事を投稿していたり、内容の薄いアフィリエイト記事ばかり書いていると検索エンジンからペナルティーを受けている可能性があります。

その確認と解除の再審査はGoogle Search Console ですることができます。

再審査リクエスト(Search Console ヘルプ)

インデックスされているけど検索キーワードでは出ないとき

検索エンジンにインデックスはされているみたいだけど、普通の文字で検索しても出てこない場合は、そのキーワードで上位表示させるブログの力がないということです。

例えばブログタイトルをそのまま検索窓に入力しても自分のブログが
出てこない場合は、ブログタイトルの付け方に問題があると言えます。

自分の狙っているキーワードを入力しても出てこない場合は、ブログの力とコンテンツ(記事内容)がまだまだ足りていないということです。

ブログタイトルに問題がある場合

ブログタイトルにオリジナリティがなかったり簡単すぎる場合は、ブログタイトルをそのまま検索窓に入力しても自分のブログが出てこない可能性があります。

例えば Google や YouTube、ニコニコ動画など、他にはないオリジナルのサイトタイトルをつけていれば、そのサイトの名前(ブログタイトル)を検索すれば1番上に表示されます。

極端な話、意味不明な文字列のブログタイトルにして、そのタイトル名で検索すれば出てくるというわけです。

ブログタイトルを複雑なものにすれば検索で上位表示されやすいというわけではありませんが、自分のブログのタイトルを検索しても出てこない場合はこのような状況になっているのかもしれません。

ブログの力が弱い場合

ブログタイトルをそのまま検索するのではなく、狙っているキーワードで検索しても上位表示されない場合は、まだまだブログの力が足りません。

例えば「自動車保険の比較ブログ」など簡単過ぎるブログタイトルにしてしまうと、「自動車保険 比較」という検索ボリュームの多いキーワードに近いため、そのキーワードを狙ったサイトに押し潰されてしまいます。

検索エンジンは、検索キーワードに対してユーザー(検索者)が満足できるウェブページを上位から順に並べていくので、他のサイトの方が、自動車保険を比較して検討しやすいサイトなのであれば、自分のブログは上位表示されません。

いくら自分のブログが自動車保険の比較ブログというタイトルであっても、「自動車保険 比較」で検索してくるユーザーが満足できるブログでなければ上位に表示させることはできないというわけです。

コンテンツが弱い場合

記事はたくさん書いているけど狙ったキーワードで上位表示できない場合は、コンテンツ(記事内容)に問題があるかもしれません。

検索エンジンは、検索キーワードに対し情報量の多いページを上位表示させる傾向があり、狙うキーワードにもよりますが、情報量の少ないウェブサイトはなかなか上位表示されないんですね。

文字数を多くすれば良いというわけではありませんが、検索キーワードに対しての「答え」を多く含んだ記事を書けると良いですね。

あとがき

この記事に書かれていることは、検索エンジンで上位表示するという SEO の初歩的な内容です。ライバルが多い検索ボリュームのあるキーワードを狙うには、まだまだ知っておくべきことはたくさんあります。

今はまだブログを作成して間もないかもしれませんが、これから記事を書いていき狙ったキーワードで上位表示をしたいのであれば、SEO のことを更に調べてみてください。

【初心者向け】アフィリエイトサイトでアクセスアップさせたいなら頼むからこの4つだけ守ってくれ