嘘つき

情報商材アフィリエイトをしているサイトでは、しばしば収入額を画像で公開している場合があります。これは信用性をみる指針にもなりますね。

収入公開の例←こんな感じのやつ。

でも「本当にこのサイトでこんなに稼いでいるの?」と、疑問をもったことはありませんか?

はい、その直感はおそらく正解です。記事にはその人の考えていることや人柄が現れるので、「この人が?」と感じるのであれば、ウソをついている可能性が高いでしょう。

なぜならこういった類の画像は、ものの数秒で誰でも簡単に作ることができるからね。

ウソ画像の作り方

この方法は、高度な画像加工テクニックを必要とせず、他人がアップロードした画像を使うわけでもありません。ただPCに映る文字を書き換えるだけなんです。

それでは実際にやってみましょう。

収入画像のウソ1

まずはPCの表示を変えたい部分で「右クリック」して、「要素を検証」ってのを選択しよう。

収入画像のウソ2

すると、なにやら英語の文字がたくさん出てきたね。これは今開いているウェブサイトを構成している要素になる。

右上のコード画面で、書き換えたい文字や数字を見つけたらそこでダブルクリックすれば編集することができる。

収入画像のウソ3

ここでは、元の数字である58,700って数字を書き換えて、1,358,700にしてみよう。

収入画像のウソ4

これで完成。アフィリ件数が6件で、アフィリ報酬が1,358,700円!う~ん、あり得ない。

あとがき

はい、簡単でしたね。嘘つきなアフィリエイターはこうやって初心者を騙しています。

もちろん真っ当な画像を使っている人もいますが、どちらにしろキャプチャー画像はどうにでもなります。鵜呑みにするのだけはやめた方がいいですね。