貧乏

アフィリエイトの情報商材には無料で出回っているものがたくさんありますが、そこに書いてある方法で本当に稼げるようになるのでしょうか?

「稼ぎの方法」をわざわざバラ撒くなんて、もしかして神様かお釈迦様の生まれ変わりなのかな?

えっ?違うの?あぁそう…。

無料商材ビジネスの裏側【情報発信者の目線】

無料商材ビジネスとは、ネットビジネスを始めたばかりの情報弱者をターゲットにした、自分(元の情報発信者)だけが儲けるビジネスです。

「無料」「稼げる」という言葉をエサにして、まずは営業用のメールアドレス(顧客リスト)を GET します。

そして「稼げる方法」を煽れるだけ煽って本編は有料の教材とすれば、この段階で儲けることができます。また、洗脳するためのセミナーにするのも1つの手です。

しかし初心者はとても警戒していますので、このバックエンドでは食いつきが良くありません。手に入れた顧客リストへガンガン営業をかけましょう。

どこかで聞いたことがありますが、この世には0.01%の法則という謎の法則があるらしく、1万人に1人はエサに食いつくそうです。

こうして1本何十万もする「稼げない」情報を提供すればボロ儲けです。大丈夫!こんなものに引っかかるヤツは何を言っても信じますから。

無料商材のほとんどが詐欺商材

さて、ショッキングな内容から始まりましたが、これが無料商材の現実です。

しかも、僕がアフィリエイトを始めた頃はちょっとしたノウハウがついているものもありましたが、最近の無料商材をダウンロードしてみると、ただの CM であるものがほとんどでした。

  • ◯◯するだけで
  • たった◯分で
  • わずか◯日で

という言葉で、「楽」「簡単」というイメージを持たせてきて

  • 月収〇〇〇万円!
  • 7桁達成者が続出!
  • 〇〇〇〇万円稼ぐ方法!

という感じで煽ってきます。こんなに稼げないかもだけど、半分の月収50万円くらいなら…。なんて考える人もいるでしょうね。

「相手は年収5000万円稼いでいて、怪しいけど、もしかしたら本当に…?」

ハイッ!情報弱者お一人様ごあんな〜い!ハイッ!よろこんで〜!

趣旨を履き違えるアホリエイター共

警戒していれば、先ほどのような1万人に1人の被害者にならなくても済みますが、1万人に500人くらいは悪の手先になってしまいます。

そう、この情報を広めて(アフィリエイトして)くれたら報酬を渡すという、無料オファーの情報商材アフィリエイトですね。

そのノウハウで稼げるかどうかも知らないくせに、「この情報は信ぴょう性があります!」「絶対に稼げる方法です!」と、自分の利益しか考えないアフィリエイター(アホリエイター)に成り下がるわけです。

そんなあなたに一言言いたい。君は稼げる方法を探しに無料商材をダウンロードしたんじゃなかったっけ?無料商材を利用しているんじゃなくて、君が情報販売者に利用されていたりして。