疑う

情報商材を購入したことがなければ、それがどんなものか想像つかないし、とにかく騙されるのだけは避けたいよね。でも、情報商材アフィリエイターの情報は不確かだし信用もできない。果たして商材を利用すれば、本当に稼げるようになるのだろうか?

今回は、教材をビジネスの観点から見てみるよ。それには、アフィリエイトでなぜお金が発生するのかをもう一度よく考えてみよう。

広告主のメリット

情報商材アフィリエイターは信用できない…、ならば、アフィリエイトがビジネスとして成り立っているという「事実」なら信用できるよね。そこから教材について考えていこう。

アフィリエイトというネットビジネスは、商品を売っている企業(広告主)と、消費者を繋ぐビジネスだね。アフィリエイターが消費者に商品を紹介して、そこから商品が売れたら紹介料を貰うってのが基本的な流れ。

広告主は自社商品をアフィリエイトしてもらうことで集客できるし、成果が発生した場合にのみ広告費用が発生するから、無駄なお金を使わず、費用対効果が高い広告戦略ができる訳だね。

アフィリエイターの仕事とは

広告主は、自社商品を消費者に認知してもらい、売り上げを伸ばすためにアフィリエイト契約をしている。…となればアフィリエイターがやるべき仕事は、Webでの集客とプロモーション(販売促進)だね。

アクセス経路を考え、コンバージョン率を分析し、ウェブページとレビューページの構成をする。お金に繋がるためのアクセスの流れや目線の動きなど導線を考え、それを追求していく。これは、ウェブマーケティングの仕事と同じなんだよね。

ウェブマーケティングに必要なスキルってどれだけあると思う?ネットでアクセスアップやSEOについて多少調べただけで修得できるスキルじゃないんだよ。因みに、それ関連の「資格」ってのも多く存在するしね。

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • IMA検定
  • ウェブ解析士
  • ネットショップ検定
  • Webライター技能士検定
  • Webディレクション検定
  • Webアナリスト検定
  • Webデザイン検定

アフィリエイトをするには、これを全てマスターしないといけない訳じゃないけど、これだけのスキルが部分的に必要となってくるんだよ。お金を稼ぐには、お金に繋がる確かな理由があるからね。

情報商材は何の為にある?

アフィリエイトに必要なスキル、それを自分の力にしないといけないのが、どれだけ大変か何となく理解できたかな?このスキルを稼ぎの軸に沿って展開していかないとお金にならないんだよね。

アフィリエイトに必要な要素、軸となる戦略は、ネットの端的な情報では勉強し難い。だから「稼ぐ力」をつけるために情報商材を利用するんだ。「資格」といえばユーキャンの教材を利用するようにね。

情報商材を買うだけで稼げると思っているから怪しく感じるんだよ。そうじゃなくて、情報商材(教材)は教科書だからね。勉強するものであって、PCにダウンロードするだけじゃ稼げない。頭の中にインストールしなきゃ、君の稼ぐ力にはならないよ。

詐欺商材や自分に合わない教材を購入するのは別として、買うだけで稼げる、少し実践してみれば稼げると、舐めた考えで情報商材を購入するから稼げないんだよ。

アフィリエイトで初心者が稼げるようになるには、勉強する事が山積みなんだ。君は僕を信用してないかもしれないけど、素晴らしいメンターに出会うか、自分に合った教材を利用しないと、アフィリエイトで稼ぐのは難しいってのが僕の考え。

何のスキルもない初心者が、知識に投資もしないで、ネット情報だけの独学でアフィリエイトで稼げるようになるのは、ほぼ0%なんじゃないかな。