本を選ぶ少年

情報商材と一言で言ってもアフィリエイトの手法は様々だから、そのノウハウも様々。戦略の違いはもちろん、ブログやメルマガ、SNSなど使う媒体の違いや、取り扱う商品の違いなど、ジャンルが違えば向き不向きも出てくる。

情報商材はアフィリエイトの軸となる教科書だから、情報商材の違いで今後の作業内容や考え方が決まるとも言えるんじゃないかな。

ただ稼げそうだから、有名なアフィリエイターがイチオシしているからといって安易に選んで良いのかな?

君にとっての稼ぐ為に必要な情報って何?

アクセスアップ、売上げの増大、リストを増やす方法、人の心理を突く方法…。情報商材は派手な画像や煽り文句で、とにかく凄そう、これがあれば稼げると感じさせられるよね。

でもこれらの情報、裏を返してみるとどうだろうか?

アクセスアップしても、そのアクセスを売上げに結びつけられないとお金にならない。売上げが増大しても、単価が低けりゃ収入は少ない。リストを増やしても、見込み客じゃなきゃ反応がない。人の心理なんてノウハウをかじった程度で簡単に突けるものじゃない。

僕は、なにもこういう情報がダメって事を言いたいんじゃなくて、稼ぐ為の軸が少しでもブレてしまえばダメって事を言いたいんだよね。

例えば君がサイトアフィリエイトでアクセスアップをしたいと考えていて、SEOの教材を購入し、勉強したとしよう。で、その結果、お金にできるのかなって事を言いたいんだよ。

少ないアクセスでお金を稼ぐ方法ってのもあるのに、派手な数字ばかりに目がいってない?目的は「お金」だよね?その為に、君に必要な情報を探そうよ。

初心者は総合的な教材を

アフィリエイトで稼ぐには様々な要因が必要で、勉強する事はいくらでもある。初心者ともなれば、その量は膨大で、一つの教材でカバーできるようなものでもない。

だけど、1〜10まで深くなくとも広い範囲を学べる初心者用の教材を利用すると、どのように作業していけば良いかが分かるので、行動と考え方の軸ができる。

先ほど、稼ぐ為の軸が少しでもブレてしまえばダメって言ったんだけど、アフィリエイトは軸がないとお話しにならない。お金になるまでの道筋が分かっていないと、どんなスキルがあっても活かしきれないからね。

情報商材にはSEOのノウハウや文章上達のノウハウなど、アフィリエイトに必要な要因を勉強できる教材もあるんだけど、それ単体ではお金に結びつけられない。初心者には、何かに特化した教材じゃなく、軸を作る総合的な教材を選ぶと良いね。

教材レビューの信念

教材の購入は1つで充分

情報商材アフィリエイトをやりたいってわけじゃなければ、教材の購入は1度だけで十分だろう。ハズレの教材でない限り、1つの教材のプロセスを全て理解すれば稼ぎの軸は出来上がるからね。

それでも自分のスキルが足りず稼げないならば、検索で調べたり、誰かに質問したり、本で勉強すれば事足りる。稼ぎにつながる良い情報ってのは、何も情報商材にしかない訳じゃないんだよ。

100円で売ってある文章術の電子書籍アプリが、1万円以上するライティングの情報商材と同じくらい良い事を書いてたりもするからね。

でも結局、文章力ってのは書き続ける事でしか上達しないと僕は感じる。何でもノウハウに頼らず、実践、行動するのもスキルアップの一つだね。

情報商材ってのは、何を調べて良いか分からない初心者こそ利用価値がある。一連の作業内容や考え方がまとめてあって、全体的な稼ぎの構想が作れるから良いんだよ。中級者以上なら、情報商材に頼らず自分でスキルアップする努力もしなきゃね。