脱サラ男

ご無沙汰しております。最近はブログの更新そっちのけで、周りの環境を改善したり後進の指導をしていました。

その間このブログも開設から1年が経ち、おかげ様で新規お問い合わせのメールも毎日届くように…、とまではいきませんが、週に3通くらいのペースで届くようになりました。

今回は、そのお問い合わせの内容というか、質問者が目標にしていることの多い「脱サラ」についてのお話ししたいと思います。

ネガティブなモチベーションをポジティブなモチベーションに変えよう

ポジティブな女

脱サラをして、アフィリエイトで食っていきたいという目標の人は多勢います。

嫌な上司がいるから、給料が少ないから、どれだけ働いても報われないから…。だからアフィリエイトで稼げるようになって独立したい、と。

確かにマイナスの出来事はアフィリエイトへのモチベーションに繋がります。でもそれが解消したり時間の経過で忘れてしまうと、モチベーションは一気に下がってしまいます。

僕も会社が嫌でアフィリエイトを始めた口ですが、転職に成功してアフィリエイトへのモチベーションが下がった時期があるんですよね。

会社が嫌というのはアフィリエイトを始めるきっかけになりますが、実はそれだけでモチベーションを保つのはとても大変で、どこかでアフィリエイトを好きにならないと長続きはしません。

それには反応や結果を出すことが1番なんですが、初心者のうちは失敗の連続だと思うので、結果よりも自分の「頑張り」に目を向けてモチベーション維持をすると良いですね。

稼ぎたい内は稼げないという事実

焦り

脱サラ希望者は、会社勤めが嫌だから早く稼げるようになりたいと焦ってしまう傾向にあります。

焦りは自分の利益を優先する考えになりやすいので、相手から嫌われてなかなか稼げないという悪循環にハマります。

早く稼げるようになりたいという気持ちはよくわかりますが、客観的に自分のサイトを見て、相手の心を動かせるサイトになっていますでしょうか?また、魅力はありますか?

アフィリエイトは価値のある情報を発信している対価として報酬を稼ぐかたちになります。先に相手へ利益を与えないことには自分の利益はありえないので、相手の立場になってその点をよく考えてみましょう。

教材を利用してもそれなりの作業時間は必要

時間

脱サラしたいという人の中には、サービス残業の多いブラック会社に勤めている人もいました。そのためアフィリエイトをする時間が1日にわずかしか取れず、効率よく勉強するために教材を検討しているというケースですね。

そのお問い合わせに対して僕の回答はこうでした。

----ここから----

(冒頭部分は省略)

そもそもアフィリエイトは、副業感覚で稼げるほど甘い仕事ではありません。

確かに教材を利用すれば、稼ぎの軸を作れて、ネットでごちゃごちゃ調べるよりも効率は良いですが、それでも教材の勉強と実践の時間はかなり必要となります。

作業時間を工面するのが難しいのであれば、教材を購入してもしなくてもアフィリエイトで稼ぐことは難しいでしょう。

(後略)

----ここまで----

…かなりキツイこと言っちゃってますね。結局この方は教材を購入されませんでしたし…。でも僕の意見は曲げません。

アフィリエイトは、利益に関係なく保証されている会社の「給料」とは違い、自分の実力がなければ「報酬」を稼げないシビアな個人事業です。

どんなに頑張っても、やり方が間違ってるといつまでも稼げませんし、言い訳も通じません。なぜならそれはお客様には関係ないことだからね。もちろん「だって会社がキツくて作業時間が取れないんだもん」ってのも通用しません。

まとめ

今回も偉そうなことを言いましたが、これも過去の僕がそうだったから言えることなんですよね。

早く稼ぎたいと焦って空回りしていましたし、アフィリエイトを舐めていたこともあります。

会社に守られなくても自分の力だけで食べていけるだけのお金を稼ぐには、様々なことをクリアしていかないといけませんが、脱サラを目指すならば本業以上に頑張らないと、その道も見えてこないのではないでしょうか。