釣り

無料で出回っている情報商材…。お金をかけずに稼ぐ系の情報が得られるから君も利用した事があるんじゃないかな?その内容には、紹介者が言ってたような「◯◯な方法」ってやつが、ちゃんと記載されてた?

…そうだろうね。まぁ無料だし…と、手軽に利用できる分、煽るだけ煽っといて話のキモの部分は有料ですってね。そんなもんだよ。

今回は無料教材についての話。君は針に掛からず餌だけを食べられるかな?

無料オファーと無料レポートの違い

無料教材には無料オファーと無料レポートの2種類があるんだけど、どちらにも共通するのは、ダウンロード時にメールアドレスを登録するところだよね。

これは、お客様を確保しておく為の方法で、無料で提供する側には、有料の商品を買う「見込み」がある顧客リストが手に入る訳だ。

メールアドレスが相手に渡れば、後は知っての通りメルマガでバンバン営業をかけてくる。その中の1%でも有料の商品を購入すれば利益が出るってな方法だね。

…と、無料レポートはこんな理由で作られているんだけど、無料オファーはここからが違う。そう、無料オファーは、それ自体をアフィリエイトできるんだよね。紹介すれば数百円〜千円程度の報酬が貰える。

一見、元手が無くても情報商材アフィリエイトができるから初心者には嬉しいビジネスモデルなんだけど、君の趣旨は変わってないよね?

始めは勉強する為にダウンロードしたはずなのにいつの間にか少ない紹介料を稼ごうと必死になってない?それで無料の教材を利用していると言えるのかな?実は君自身が利用されてたりして。

無料教材の内容

腐った鉄

無料教材をダウンロードするとメルマガが大量に送られてくるから、フリーメールの捨てアドを作ればいいし、後に紹介してくる有料教材や塾の勧誘も無視すればお金が掛かる事は避けられる。

それで、肝心な教材の内容ってどんなもんなんだろう?例えば、アフィリエイターや、ネットビジネス界の大御所な方々は無料教材をこんな風に紹介している。

  • 年収300万円以下の人は見て下さい
  • 25000円で販売していた情報を、なんと無料で差し上げます
  • 本当にすごいノウハウです
  • すぐに成果が出る方法
  • 人生が変わる動画はこちら

どう?派手な「結果」をイメージさせるだけで、一番重要な「過程」の事に全く触れていないよね。これじゃ君に必要な教材かどうかが分からない。

例えば、君に必要なスキルが文章力やキーワード選定力だとすれば「3ヶ月で10万円の利益を出す方法」という教材を見ても時間の無駄。

文章力を上げたいならこちら…とかお宝キーワード発掘法など、自分に足りないスキルと関係がありそうな宣伝があれば見てみると良い。

まぁ、8割がた有料商品を紹介するだけの「煽り教材」だったりするんだけど…。Google で検索した方が早かったりしてね。あはは。

まとめ

無料教材がどんなものか理解できたかな?もとは販売者やレポートを作った人が稼ぐ為のビジネスモデルだから、教材自体に期待するのはやめた方が良いかもね。

でも、たまにしっかりとしたノウハウを提供している無料教材もあるから、利用できそうなら利用すれば良い。正し、必ず裏があるから「信者」にはならないようにね。針まで飲み込んじゃダメだよ。餌だけ食べるんだ。

あと、それ単体で稼げるほどネットビジネスは甘くない。「すぐに」「簡単に」稼げる方法なんて言葉を鵜呑みにするようじゃ君が釣られるのも時間の問題だね。