磁石

僕のブログもそうなんだけど、アフィリエイトの方法について書かれてあるサイトってのは情報商材を紹介しているよね。

だから、ネットでアフィリエイトの方法を調べてる初心者にとっては「アフィリエイトって情報商材をレビューする事なのかな?」なんて思ってる人もいるんじゃないかな?

もちろんそうではないんだけど、アフィリエイト参入の入り口にいる段階では「アフィリエイト=情報商材アフィリエイト」って勘違いしやすいと思うんだ。

例えば、君が勘違いしたまま購入した教材を勉強して、その教材をアフィリエイト(情報商材アフィリエイト)したとしよう。

それで君は何てレビューするの?「凄く勉強になった、僕の紹介で売れたら実証される。だから買ってよ」とか?それとも「この教材を実践して成果が出た」だなんて嘘をつくの?

教材には、物販アフィリエイトについて書かれたものと、情報商材アフィリエイトについて書かれたものがあるんだけど、僕はアフィリエイト初心者には物販アフィリエイトの教材を勧めている。

もし情報商材アフィリエイトをしたいのであれば、物販アフィリエイトについて書かれた教材を勉強して、物販で成果を出してからその教材をアフィリエイトすればいいんじゃないかな。

物販アフィリエイト用の教材は土台作り

ん?それでも情報商材アフィリエイトがしたいって?それじゃあ、物販アフィリエイトについて書かれてある教材と情報商材アフィリエイトについて書かれてある教材の違いを比較してみよう。

物販用の教材は、アフィリエイトの方法(戦略)やSEOについて書かれている。戦略は教材によって違うんだけど、SEOの部分ではサイトアフィリエイトで守るべきルールやサイトの構成方法、キーワードの使い方などネットを利用したビジネスの基本が勉強できるよ。

情報商材用の教材では、心理テクニックや販売テクニックが中心となる。商品が情報という曖昧なものだけに、いかに相手の心理を突けるか、購入まで事を運ぶにはどうすれば良いかって事が勉強できるんだ。

でもこれは応用編だね。土台ができた上でこそ発揮されるテクニック。情報商材アフィリエイトってのは稼いだ実績と、それに至るまでの経験、更に文章力が必要だからね。

さっきも言ったけど、実績や経験の無い初心者の言葉では薄っぺらで心に響かないんだ。「この教材を実践して成果が出た」と嘘をついても、お客さんに見透かされてしまうのがオチだよ。って事で、初心者の君に必要な教材は、稼ぎの基礎が学べる物販用の教材。

因みに情報商材アフィリエイトも、基本は物販アフィリエイトと同じなんだよね。物販目線で見てみると、情報商材という教科書(物)を紹介するって事だからね。

カリスマになりたくて

今回のこの記事。実は過去の僕に宛てた記事なんだ。僕は初心者の頃に情報商材アフィリエイトをしてて失敗している。

アフィリエイトに興味を持ちだした僕は、ネットで見たトップアフィリエイターの様になりたくて情報商材アフィリエイトを始めた。物販アフィリエイトなんてやってられっかよ…ってね。で、結果はもちろん失敗。

売りたいんだけど、嘘をつく事がどうしてもできなくて、記事を更新できずにそのまま消滅ってパターン。まぁ、テクニックに走ったところで売れなかったんだろうけどね。

アフィリエイトについて調べると、必ず教材の存在が目に入ってきて、最初から情報商材で稼ごうと夢を見てしまったり、この人についていけば稼げるんじゃないかと洗脳される事もありえるんだよね。

そうではなくて、物販アフィリエイトで成功する為に、情報商材を利用するってのが過去の僕に伝えたい事だから、今、初心者の君にも同じく伝えておくよ。

教材を選ぶ時の注意点