怪しい

情報商材は怪しい。ただのPDFファイルやDVDが数万円というぼったくり価格。逆な考えだと、月に数十万円稼げるようになる商材が、何で数万円という安い価格なの?だいたいGoogleで何でも調べられるこのご時世に、情報にお金を出すって事が気にいらない。

この事をどこで調べても、結局なんだかんだで情報商材を売りつけようとしてるし、情報商材の販売ページに至ってはベタ褒め、煽りの雨あられ。

でも実際にアフィリエイトで稼いでいる人も居るみたいだし、できれば本物の稼げる情報であってほしい…という淡い期待を胸に、今この記事を読んでいる君っ!

残念。君の期待する情報商材は存在しない。僕が情報商材について本当の情報を教えてあげよう。…ああ、安心して。後から「実は稼げる情報商材は存在します」だなんて言わないから。

誇大表記は売り上げアップの戦略

「3時間で300万稼ぐ方法」「初心者でも30日で100万円稼げる方法」本当なら夢のようなタイトルだけど、これは君が感じている通り真っ赤な嘘。情報商材は、このようなタイトルを堂々と表示しているけど全て誇張された表現だと思った方が良い。

なぜ恥ずかし気もなく嘘の表記ができるかと言うと、情報ってのは曖昧なものだから法的処置ができないんだよ。それに人の心理を着いた方が売れるからね。だから話を盛る。

販売ページの心理的テクニックとはでも解説しているけど、テレビショッピングのような茶番でも、そうした方が売れるというデータが出ているからね。誇大表記をした方が売れるから誇大表記をする。

情報商材ってのは、無知な初心者ほどカモにされるビジネスなんだよ。ネットビジネスという未知の世界でなら、ありえるの話ではなかろうか?…なんてね。情報商材の購入を検討しているなら当然お金の悩みがあるだろう?売り手側はそこを狙っているんだよ。

雑誌に載っている怪しいブレスレットの広告も同じ。パチンコに負けて借金を抱えて切羽詰まった心理状態なら、どんなに怪しい商品でも、もしかしたら…って気になるのもうなずける。札束風呂に入ってた人が某ケータイのCMに出演していた時は笑ったけどね。

楽して稼げるような教材は無い

「楽に」「簡単に」ってフレーズが入っている教材は要注意。…と言うか問題外。アフィリエイトは自営業なわけで、起業する事と同じ事なんだよ?会社を立ち上げるのが楽に、簡単にできるとでも思ってる?

アフィリエイトは初めの仕組み作りが凄く大変で、特に初心者なら勉強する事は山積み。基礎を勉強して、実践の中で稼ぐ力を身に付け、効率よく作業を進められるようになってくれば徐々に楽になるけど、そこまでの道のりは決して楽ではない。

楽になるタイミングを履き違え、初めから楽をしているビジネスが成功するはずがない。君が立ち上げた会社は君1人しか居ないんだよ?社長から社員全員が怠けている会社が利益を上げられるわけがないだろう?

また、「楽に」「簡単に」ってフレーズが入っていなくても、それを連想させるような表記が入っている場合…、例えば、「1日たったの15分の作業で100万円」だとか「スマホを見ているだけで毎月30万円」なんかも同様。

先ほど説明した誇大表記だろうし、中身がちゃんとしたノウハウでも15分の作業で100万円稼げるようになるのは数年後だったりしてね。まぁ、そうなる前に挫折するのがオチなんだけど…。

アフィリエイトの情報商材で人生を変えるお金を稼ごうとしている君へ

購入した全ての人が成功しないワケ

勝者と敗者

情報商材を怪しく感じる理由の1つに、良い情報商材が存在するならば誰でも成功できるんじゃないの?…という疑問があるかもしれない。

例えば君が詐欺商材を掴まず優良な情報商材を手にしたとして、それで果たして成功できるのだろうか?ここでは情報商材を買った後の事を考えてみよう。

甘く見ている

情報商材は「教材」とも言う。さしづめアフィリエイトの教科書ってところかな。その教科書はアフィリエイトのノウハウが詰まっているんだけど、例えばPDFで1000ページくらいのボリュームだとする。

でも初心者が教材を読んだだけで理解できるはずもなく、実践しながら勉強していく。質問メールをしたり、サポートを受けたり、ネットで調べたり、教材を読み返したり…。

3ヶ月後…、結果は出ていない。なぜなら君はまだ素人だから。アフィリエイトで稼いでいるプロを相手に勝っている部分はまだ何も無い。この失敗は一定の水準を超えるまで繰り返されて、その間教材の勉強と実践を継続していかないといけない。

誇大表記に目が眩んで情報商材を手にしたのであればこう感じるだろうね。
「こんなに大変だとは思わなかった」
初めにあったやる気も萎えていく一方。そうなれば挫折はもう目の前。

自分に合っていない教材を購入している

アフィリエイトの種類は多岐に渡る。

物販、情報商材、PPC、メルマガ、アドセンス、楽天、Amazon、Yahooなどなど…。それぞれやり方が違うから、初心者向けや上級者向けなジャンルは当然あるし、君のスキル、実積、資本金、作業時間でも向き不向きが違ってくる。

それなのに、いろんなアフィリエイターが紹介しているから、ただ稼げるようになりそうだからって理由だけで情報商材を選ぶのは安易なんじゃない?その稼げるようになる人には君が含まれていないかもよ?

アフィリエイターや情報商材の販売者は売れればよいという考えでやっている人も居る。その教材が良いものか悪いものかを見抜いたとしても、もともと君に合っていない教材だったりしてね。

初心者向けアフィリエイト教材を選ぶポイント

実践しない

購入しても実践しなけりゃ何も起こらない。これは当然の事なんだけど、実践しない人は意外と多いんだよ。情報商材を購入する前ならそれは無いだろうと感じるかもしれないけど、まぁ聞いてよ。

初めはやる気に満ち溢れていて、情報商材を読み進め実践していくんだけど、教材通り完璧にできなかったり、ちょっとした壁にぶつかってしまっただけで、作業の期間を空けてしまう。

でも、こうすれば成功するって知識だけはあるから、俺はいつでも成功できるんだ!と勘違いしてサイトを放置。初めにあったやる気も萎えてしまいそのままフェードアウト…。ってなパターンね。

まぁ、結局は舐めてるんだよ。情報商材を買うだけ、読んだだけで成功した気になっている。買えばああなりますこうなりますと洗脳され、妄想だけ膨らませて、本当に買っただけで満足しちゃうんだね。

情報商材は君を金持ちにはしてくれないよ。君が行動して金持ちになるしかない。

アフィリエイターは信用できないけど、情報商材って本当に稼げるの?